博多を代表するパワフルな祭り!博多どんたく港まつりの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

「福岡」の観光情報記事

美味しい食べ物と美人が多いことで知られる町、博多で行われるのが「博多どんたく港まつり」です。日本を代表する春祭りとして知られる博多どんたく港まつりでは、旅行客でも楽しむことができ、様々な魅力溢れる催し事が開催されます。
今回は、ゴールデンウィークに博多観光に訪れたくなる、博多どんたく港まつりについてご紹介していきます。

博多どんたく港まつり参加者の感想を紹介!

hakata_dontaku_matsuri450-337.jpg

博多を代表する祭りの一つでもあるどんたく港まつりは、人々の活気溢れる姿が魅力的なだけではなく、博多の歴史と文化を肌で体感することができる祭りでもあります。今回は、そんな博多どんたく港まつりに対して皆さんが抱く印象や魅力、感想についてアンケートを取ってみました。

博多の伝統文化を感じられ、観光客でも楽しみやすい博多どんたく港まつり

・迫力がある九州男児が盛り上げてくれそう(30代/男性/自営業)

・ほかの地域のお祭りよりパワフルに感じる(30代/女性/パート・アルバイト)

・とてもにぎやかそう。観光客でも馴染めそうな印象(20代/女性/学生)

・有名などんたくまつりは、伝統や文化を感じられる素敵なお祭りだと感じる。(30代/公務員/公務員)

・パレードが華やかな印象見学してみたい(30代/女性/無職)

調査地域:全国

調査対象:20~40代・男女

調査期間:2015年12月15日~2016年12月19日

有効回答数:320サンプル

博多どんたく港まつりに対し、「にぎやか」や「パワフル」といったイメージを持つ方が多いようです。華やかなパレードなど活気あふれる催し事の数々は、観光客でも親しみやすく、博多の伝統や文化を体感することができる魅力的なお祭りとして幅広く知られています。
では、実際の博多どんたく港まつりは、どのようなお祭りなのでしょうか。その歴史や魅力についてご紹介していきます。

博多どんたく港まつりってどんな祭り?

hakata_dontaku_matsuri.jpg

博多どんたく港まつりとは、年に一度、5月上旬頃に博多で開催される日本を代表する春祭りのことを指します。博多どんたく港まつりでは、様々な催しが行われますが、中でも代表的なのが「パレード」です。
博多どんたく港まつりのパレードに参加する人々は、それぞれ好きな衣装に身を包み、しゃもじを叩きながら町を練り歩きます。しゃもじを叩きながら町を練りある歩くことが風習化したのは、その昔、祭りのお囃子の音色に夕食の支度中だった商家のオカミさんが感動し、しゃもじを叩いたことが始まりであるといわれています。
期間中、町に設置される舞台では、参加者が踊りを披露したり、パフォーマンスを披露したりなど観客を楽しませる様々なステージイベントが繰り広げられます。出場者は約3万人、見物客は約200万人といわれており、ゴールデンウィーク中に開催される祭りの中では、最大規模の祭りであるといわれています。

伝統芸能から博多を代表する祭りへ!博多どんたくの歴史

博多どんたく港まつりの元となったのが、松囃子と呼ばれる伝統芸能です。現在でも、博多どんたく港まつりの幕開けを飾る博多松囃子は、国選択無形民俗文化財に登録されています。1179年から続く博多松囃子の歴史は古く、およそ830年余り続くといわれています。

明治5年、新政府から配属された県知事によって、松囃子を披露する祭は中止されましたが、明治12年に再開されました。オランダ語の「休日」を意味する「ドンターク」から名付けられた博多どんたくという呼び名は、この頃から使われるようになったといわれています。戦時中は一時開催が中止されていた博多どんたく港まつりですが、戦後、昭和21年5月に再び開催されることになりました。
昭和22年には福岡商工会議所が中心となってお祭りを盛り上げ、1年に1度開催される催し事として定着していきました。昭和37年には、市民が揃って祭りに参加をする「福岡市民の祭り」に制定され、「博多どんたく港まつり」が正式名となりました。

開催日程とアクセス方法

hakata_dontaku2_matsuri450-337.jpg

博多どんたく港まつりは、5月の1週目期間中、2日間に渡って開催されることが多いです。博多どんたく港まつりのメインイベントともいえるパレードは、呉服町交差点から福岡市役所へと続く明治通りで行われます。
博多どんたく港まつりが開催される期間中の明治通りは、どんたく広場と呼ばれています。パレード初日は正午から夕方まで、2日目は夕方から夜の時間帯で開催されることが多いです。
祭が開催される当日は、道路が交通規制されることもあり、車でのアクセスが不便になる場合もあります。どんたく広場にアクセスするためには、電車や新幹線を利用し、JR博多駅で降車をすると便利です。
飛行機を利用する方は、福岡空港で飛行機を降りた後、地下鉄を利用すると博多駅へアクセスしやすいです。
地下鉄空港線、福岡空港駅から博多駅へはおよそ5分程度で移動することができます。博多駅前には博多駅前どんたくストリートが設置されることもあるため、JR博多駅で電車や新幹線を降車後、すぐに博多どんたくまつりの迫力溢れる熱気を体感することができます。博多旅行をする際に、旅費を少しでも抑えたい場合はツアー旅行を選択することも1つの方法です。
個人旅行をする場合よりも、リーズナブルに旅行を楽しむことができます。

博多どんたく港まつりの見どころ&楽しみ方をご紹介

hakata_dontaku3_matsuri450-337.jpg

博多どんたく港まつりのメインイベントであるパレードが開催されるどんたく広場は、かなりの混雑が予想されます。博多どんたく港まつりのパレードを楽しむためには、鑑賞するための場所を確保しておくことも大切です。
パレード開始前に1度どんたく広場に足を運び、下見をしておくのも良いでしょう。また、どんたくまつりのパレードは道路で行われるため、鑑賞する際は道路わきで立ち見をすることになります。立ったままの状態で長時間パレードを鑑賞すると疲れてしまうこともあるため、あらかじめレジャーシートなどを用意しておくと便利です。
博多どんたく港まつりは屋外で行われるイベントが多いことも特徴です。当日雨が降った場合には衣服が濡れてしまう可能性もあります。しかし、多くの来場者が予想されるどんたく広場で傘を使用した場合、その他の来場者に迷惑が掛かってしまうことも考えられます。雨具を持っていく場合はレインコートを用意しておくと便利です。
かさばらずに持ち運びやすいレインコートは、急な雨にも対応することができ、他の来場者の鑑賞の妨げになってしまうこともありません。

関連記事:魅力的な祭りの数々!夏の九州旅行は楽しみ方が色々!

「福岡」に関する記事

エリアから探す
福岡(9)
長崎(4)
大分(5)
熊本(5)
宮崎(3)
鹿児島(6)
鹿児島離島(10)
佐賀(0)
ジャンルから探す
観光名所(33)
温泉旅行(17)
誰と行くか(21)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop