情緒あふれる夏祭り!六月灯をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

「鹿児島」の観光情報記事

明治維新の三傑として有名な西郷隆盛の出身地である鹿児島県は、桜島や屋久島などを有する自然豊かな県としても知られています。

そんな鹿児島県には、人々を魅了してやまない祭りがあることをご存知でしょうか。今回は、鹿児島県の夏の風物詩「六月灯」の魅力と歴史についてご紹介していきます。

六月灯参加者の感想を紹介!

kagosima_rokugatsudou_img5.jpg

鹿児島の夜を柔らかく照らし出す六月灯の光を一目見ようと、シーズンには県内外からたくさんの人々が集まります。

地元市民に長く愛されるお祭りとして有名な六月灯ですが、実際に祭りに参加した観光客の方はどのようなイメージを持ったのでしょうか。アンケートをとってみました。

幻想的な雰囲気が美しい!地元市民にも長く愛される祭り

・鹿児島のお祭りであり、幻想的でもあります。(40代/男性/自営業)

・灯籠が美しく飾られた寺社において、非日常的な空気を感じられます。童話の世界に飛び込んだような気持ちで街を散策できます。(30代/女性/会社員)

・九州の祭りの中でも由緒ある祭りだと思います。(30代/男性/契約・派遣社員)

・ロッガッドーで親しまれている鹿児島の代表的な灯篭のお祭り。(40代/女性/フリーランス・自由業)

・夏の風物詩でわざわざ鹿児島まで行く価値があると思います。(40代/女性/契約・派遣社員)

・鹿児島の神社などで踊りや歌が歌われます。境内には縁日があってたくさんの人でにぎわいます。(20代/女性/学生)

調査地域:全国

調査対象:20~40代・男女
調査期間:2015年12月15日~2016年12月19日
有効回答数:320サンプル

夏祭りというと賑やかな雰囲気を思い浮かべる方も多いですが、寺や神社が灯篭の優しい光に包まれる六月灯に、幻想的な魅力を感じた方も多いようです。
境内では、出店が並び、ステージイベントが行われるなど、夏祭りらしい賑わいを見せます。鹿児島の夏の風物詩として愛される六月灯にはどのような歴史があるのでしょうか。その魅力と楽しみ方も合わせてご紹介します。

六月灯の概要

kagosima_rokugatsudou_img2.jpg

六月灯とは、県内の神社や寺院で行われる夏祭りのことです。この祭りの特徴は、神社や寺院に飾られる灯篭の数々です。
灯篭はそれぞれの家庭や企業などで思い思いの形で作られます。作られた灯篭は、神社や寺院に奉納され、シーズンに差し掛かると境内に張り巡らされた網に吊り下げて飾られます。新暦では7月に開催される祭りですが、旧暦では6月に行われていたために、六月灯と呼ばれています。
7月になると、県内中の神社や寺院に灯篭が飾られ、その柔らかな光を月末まで楽しむことができます。地元、鹿児島県民の人々には「ロッガットー」とも呼ばれており、地元市民と縁の深い祭りとして愛されています。

六月灯の魅力をご紹介

六月灯の由来については諸説あり、代表的なものには薩摩藩二代目藩主「島津光久」が上山寺新照院の観音堂を造立し、たくさんの灯篭を付けさせたため、他の檀家でもこれを真似たという説があります。
他にも、早馬神や鎮守様に灯篭の燈と共に祈りを捧げ、牛や馬を疫病から守る「六月のオツメアゲ」と呼ばれる地元民の儀式が羽生したという説もあります。

現代の六月灯は、祭りの期間中に出店が並んだり、花火が打ちあがったりするなど、地元市民になじみ深い祭りとして愛されています。六月灯が開催されるのが7月ということもあり、祭り当日は浴衣姿の人々も目立ちます。鹿児島の夏の風物詩である六月灯の雰囲気を思う存分楽しみたいという方は、浴衣で六月灯を鑑賞するのも良いでしょう。

また、暑さ対策をきちんと行うことも大切です。六月灯は、夕方から夜にかけて行われる祭りですが、参加人数が多い祭りに参加する場合は、周囲が混雑することもあるため、体感温度が高くなることも考えられます。
喉が渇いた際に、小まめに水分補給ができるよう、ペットボトル飲料を持ち歩いたり、首や額を冷やせるよう保冷剤を持ち歩いたりなど対策をしておくと安心です。

鹿児島最大級!照国神社の六月灯は必見

kagosima_rokugatsudou_matsuri1.jpg

照国神社は、鹿児島県の中心地にあり、照国大明神を祀る神社です。照国大明神は、薩摩藩第11代藩主「島津斉彬」のことを指します。島津斉彬は、わずか7カ月という治世で藩内だけではなく当時の日本に大きな影響を与えた人物として言い伝えられています。
明治維新に大きな影響を与えた西郷隆盛や、大久保利通の師としても知られており、近代日本の礎を築いた1人として知られています。島津斉彬の死後、1863年に天皇の勅命を受けて照国神社が建立されました。

照国神社は、地元の人々の神様として信仰されており、六月灯以外にも初詣や七五三参り、初宮参りのシーズンには多くの参拝客が訪れます。照国神社で行われる六月灯は7月の第2週頃に開催され、県内最大規模の六月灯祭りとしても知られています。
境内には、企業や商店街などが奉納した豪華絢爛な灯篭が並び、その数1,000個以上にも上ります。照国神社の六月灯では、出店が立ち並ぶほか、イベントステージが設けられ、参加者が踊りや民謡を披露するなど、祭りを盛り上げてくれます。

照国神社の六月灯を心置きなく鑑賞したいなら、照国神社のそばにある小高い丘、「城山」から風景を楽しむのも良いでしょう。城山は六月灯の柔らかな光と、情緒にあふれる神社の姿を鑑賞することができる絶景スポットです。

照国神社へのアクセス方法

kagosima_rokugatsudou_img.jpg

新幹線で鹿児島県にアクセスする場合は、徒歩20分程度で照国神社にアクセスすることが可能です。
飛行機を利用し鹿児島へアクセスする場合には、鹿児島空港で飛行機を降りた後、鹿児島市内行きバスに乗り換えが必要です。「金生町」を下車後、徒歩15分程度で照国神社に到着します。また六月灯はシーズン中であれば、照国神社だけではなく、鹿児島県内の寺や神社で鑑賞することもできます。

鹿児島に旅行し六月灯を楽しむならツアー旅行を利用するのも良いでしょう。交通費や宿泊費を抑えつつ、お得に鹿児島旅行を楽しむことができます。あらかじめプランが組まれているツアー旅行を利用することによって、旅行に行った経験が少ない方や、自分で旅行プランを考えることが苦手な方でも満足度の高い旅行を楽しめるでしょう。

関連記事:魅力的な祭りの数々!夏の九州旅行は楽しみ方が色々!

「鹿児島」に関する記事

エリアから探す
福岡(12)
長崎(5)
大分(6)
熊本(6)
宮崎(4)
鹿児島(7)
鹿児島離島(10)
佐賀(1)
ジャンルから探す
観光名所(33)
温泉旅行(17)
誰と行くか(21)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop