熊本市民が総参加!火の国まつりのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

「熊本」の観光情報記事

勇壮な姿が美しい「熊本城」や、ご当地キャラクター「くまモン」などが有名な熊本県では、日本の夏を代表する夏祭りが開催されます。
8月の第1週目に開催されることが多い「火の国まつり」は、地元市民だけではなく、観光客も一体となって楽しむことができる祭りです。

今回は、魅力あふれる「火の国まつり」についてご紹介していきます。

火の国まつり参加者の感想を紹介!

熊本の市民祭りである「火の国まつり」には、県内外から毎年多くの参加者が集まります。火の国まつりの名前から、熱く賑やかなお祭りをイメージする方も多いです。

では、実際の火の国まつりとはどのようなお祭りなのでしょうか。火の国まつり参加者にアンケートを取ってみました。

皆で楽しく盛り上がる!「おてもやん踊り」が印象的な火の国まつり

・熊本民謡の「おてもやん」のリズムを感じながら地域の文化に触れることができ、ハッピーな気持ちになれます。(30代/女性/会社員)

・熊本で夏に開催されるお祭り。飛び入り参加できる踊りがある。(20代/女性/会社員)

・熊本弁丸出しの民謡「おてもやん」にあわせて行われるパレードは見ごたえ抜群です。30代/男性/自由業・フリーランス)

・皆で楽しく踊って盛り上がれるお祭りという印象。(30代/女性/無職)

・みんな楽しく踊っていて、一体感がある。(30代/男性/会社員)

・飛び入り参加で、一緒に踊ることもできる。(20代/女性/パート・アルバイト)

調査地域:全国
調査対象:20~40代・男女
調査期間:2015年12月15日~2016年12月19日
有効回答数:320サンプル

参加者の感想から、火の国まつりは観光客も一緒に盛り上がることができる、楽しいお祭りであることが分かります。
参加者全員が一体となって楽しむことができる大きなお祭りは、熊本県の陽気な文化を感じ取ることができるお祭りといえそうです。特に、熊本民謡である「おてもやん」に合わせて踊る、パレードが印象的だったと感じる人々が多いようです。

楽しく踊って盛り上がる!メインイベントは「おてもやん総踊り」

kumamoto_hinokuni_matsuri1.jpg

「おてもやん」は、高音から始まる独特の歌調と、熊本の方言が特徴的な熊本民謡です。おてもやんの由来には諸説あり、肥後勤皇党の忍び歌であるという説や、単なる遊び歌であるという説など様々なものがありますが、民謡が誕生した明確な理由は解き明かされていません。

おてもやんは、幕末から明治にかけてお座敷歌として歌われていた「ソオジョオマヘンカ節」や「本調子甚句」などが熊本の言葉でアレンジされたものであるともいわれているため、「熊本甚句」とも呼ばれています。

熊本民謡には、おてもやんの他にも「きんきらきん」や「東雲節」などがあり、熊本県内で歌い継がれています。火の国まつりのメインイベントは、おてもやんのリズムに合わせ、祭りの参加者が一体となって踊る「おてもやん総踊り」です。おてもやん総踊りでは、伝統的なおてもやん踊りの他にも、軽快にアレンジされたサンバおてもやんも踊られます。

参加者が思い思いの衣装で踊る姿は、活気に溢れ、おてもやん踊りに飛び入り参加する場合は、広場で踊りについての事前講習を受けることもできるため、観光客でも参加しやすいことも魅力の1つです。地元市民の方が、おてもやん踊りとサンバおてもやん踊りのコツを分かりやすく教えてくれるため、初参加でも楽しく踊ることができます。

舞台イベントに食の祭典!見どころ満載の火の国まつり

メインイベントとして注目される「おてもやん総踊り」の他にも、火の国まつりでは様々なイベントが開催されます。
火の国まつりの初日、祭りが開催される中心市街ではオープニングセレモニーが行われます。火の国まつりのシンボルともいえる火が松明にともされたり、設けられた舞台の上では、踊りや民謡など熊本の文化を象徴する様々な出し物が行われたりなど、華やかなイベントの数々が繰り広げられます。

中心商店街では、出店が並び、食のイベントが開催されます。お腹が空いた際などにも、熊本特有のB級グルメなどを楽しむことができることも魅力です。作品展示ブースには、地元の小中学生や高校生が制作した熊本の伝統芸術作品、工芸品、絵画、書の展示が行われるなど、地元市民の暮らしや文化をうかがい知ることができます。

火の国まつりの会場は熊本の中心地一帯となるため、歩き回っても疲れにくいスニーカーで観光すると良いでしょう。メインイベントであるおてもやん総踊りには、好きな服装で誰でも参加することができます。総踊りに参加する人の中には、華やかな衣装を着用したり、コスプレを楽しむ方がいたりと、そのスタイルは十人十色です。

また、おてもやん総踊りではバルーンや横断幕などによる演出も認められています。しかし、祭りのルート上には市電の高架が通っているため、極端に高さが出てしまう演出道具の使用は感電の恐れもあるため、認められていません。

火の国まつりの開催スケジュール・アクセス方法

火の国祭りのメイン会場が設営されることが多い熊本市役所にアクセスするには、JR熊本駅から熊本市電に乗り、熊本城・市役所前で降車すると便利です。新幹線を利用する場合は、JR熊本駅で新幹線を降車した後、熊本市電に乗り換えましょう。

飛行機を利用して熊本に向かう場合は、阿蘇くまもと空港で飛行機を降りた後、シャトルバスを利用しJR熊本駅へ向かうと良いでしょう。

火の国まつり当日は、中心街での交通規制が行われます。自動車で直接中心街にアクセスすることが難しくなるため、公共交通機関の使用が便利です。少しでも旅費を抑えたいのなら、旅行ツアーを利用することも1つの方法です。個別に旅行するよりも、交通費を抑えることができ、お得に九州旅行を楽しむことができます。

関連記事:魅力的な祭りの数々!夏の九州旅行は楽しみ方が色々!

「熊本」に関する記事

エリアから探す
福岡(9)
長崎(4)
大分(5)
熊本(5)
宮崎(3)
鹿児島(6)
鹿児島離島(10)
佐賀(0)
ジャンルから探す
観光名所(33)
温泉旅行(17)
誰と行くか(21)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop