男一人旅なら九州できまり~博多・屋久島・別府~

このエントリーをはてなブックマークに追加

「一人旅」の観光情報記事

一人旅は男性にとって醍醐味であります。サラリーマンの方で日頃人間関係に悩まされている場合には気分転換も必要です。一人旅をすれば上司から解放されます。行先は人それぞれですが九州にはおいしい食べ物や保養地が数多くあります。

男一人旅の醍醐味・おすすめポイント

syouchu.jpg

一人旅の大きなメリットとしては自由に計画を立てられることです。社員旅行や家族旅行の場合だと興味のある郷土料理を食べたくても周りの意見に合わさなければなりません。それにグルメに関心がない人ばかりだとファーストフードのような全国どこにいても食べられるようなもので済まされることもあり得ます。せっかくの旅行なら行き先の地方の郷土料理を味わっておきたいものですよね。一人旅だと自分で思うようなプランを立てることができますので予定通りに行動すればそのような心配をする必要もありません。 またお酒巡りをするのもありです。九州では鹿児島などを中心に焼酎の文化が根強いです。アルコール飲料に生きがいを持っている男性にとってこれほどうれしいことはないですよね。お酒の知識も豊富になり上司や同僚と会話の弾みがつくのでいろんな焼酎を堪能しましょう。

福岡・博多でグルメも遊びも楽しむ一人旅

nakasu_rekishi.jpg

九州をはじめて訪れる方には福岡市がお勧めです。福岡市は福岡空港や博多駅などがあります。東京や大阪をはじめ多くの都市から飛行機などの直行便が多数あり九州の玄関口なので福岡市へのアクセスは簡単です。地下鉄などの公共交通機関が発展しており都市も比較的コンパクトなので自動車なしで楽しめます。ビギナーにはうれしいことですよね。また福岡市において中洲が繁華街であり多くの飲食店があります。ここの特徴としては屋台が多いことです。店主も温かく受け入れてくれる人が多いので遠方から一人で初めて来た人も気兼ねなく入店しましょう。ラーメンの種類が豊富で様々な味を楽しめます。料金もそれほど高くないのでお財布事情が厳しい人にも味わえます。さらに『もつ鍋』を取り扱っている店も多くあります。遠方から冬の寒い時期での観光の際にはお鍋を食べて体や心を温めましょう。

一人参加OKの屋久島ツアーで男一人旅

yakushima.jpg

博多や熊本そして長崎など九州を何度も訪れていている方には比較的マイナーな地域に行くこともお勧めします。その一つの例が屋久島です。屋久島は鹿児島県にあります。県庁所在地である鹿児島市を観光された方はある程度いらっしゃいますが屋久島は離島なのであまり行かれませんよね。また屋久島には空港がありますが鹿児島空港ほど路線が充実していないこともありアクセスにおいて容易ではありません。けれど今では一人参加のツアーがあり誰でも行きやすくなっています。屋久島は東京や大阪のような大都市から遠く離れているので現在でも自然が豊富です。標高が高い山が連なっており、また沖縄に近いという土地柄温暖気候と熱帯気候が入り混じっています。その為ガジュマルやウラジロガシのような珍しい植物などがあり生態系が豊かです。せっかく九州に観光するのならば独自の生態系を体験できる屋久島に行きましょう。

男一人旅なら温泉巡りでゆっくり疲れを癒やす

kankaiji_onsen.jpg

九州は険しい山が比較的多いこともあり温泉には恵まれています。とりわけ大分県は別府や湯布院などを中心に日本で最も温泉が多い地域となっています。別府市では観光業や宿泊業のような温泉に関わるサービス業が市内の雇用において8割以上占めるなど市の経済や財政なの中核をなすぐらいです。至る所で温泉があるので一人旅でも探すのに苦労はしません。また多くの場所で瀬戸内海が見えるので海に沈みゆく夕日を見ながらお湯に浸かってみるのはいかがでしょうか。感傷に浸ることができます。そしてもう一つ国内でも有名な湯布院温泉は山に囲まれた盆地にあります。気候や時期によって霧の中でお湯につかれます。朝一番風呂だと誰もいないことがあるので1人で幻想的な気分を味わってはいかがですか。生涯において貴重な思い出になるのかもしれませんね。

「一人旅」に関する記事

エリアから探す
福岡(12)
長崎(5)
大分(6)
熊本(6)
宮崎(4)
鹿児島(7)
鹿児島離島(10)
佐賀(1)
ジャンルから探す
観光名所(33)
温泉旅行(17)
誰と行くか(21)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop