九州随一の花火大会が大集結!福岡のおすすめ花火大会を4つご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

「福岡」の観光情報記事

日本の夏の風物詩といえば「花火」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

花火大会は老若男女問わずに楽しみやすいため、家族や夫婦、カップルや友達など、どのような間柄でも一緒に楽しむことができます。
日本国内でも祭事が盛んな地域として知られる福岡県では、九州を代表する花火大会の数々が開催されます。

歴史と規模の大きさは福岡の中でもピカイチ!筑後川花火大会

chikugogawa_hanbi450-337.jpg

1650年に久留米藩2代藩主「有馬忠頼」によって、水天宮の社地社殿が寄進された祝いに水天宮に花火を奉納したことが起源とされているのが、福岡県の筑後川花火大会です。

3日間に渡って開催されるイベント「水の祭典久留米まつり」の最終日に、フィナーレを飾る規模の大きな花火大会として、毎年多くの観客が集まります。

打ち上げられる花火は、スターマインや尺玉の他にも、仕掛け花火の中でも人気が高いナイアガラなど、迫力に溢れる作品を鑑賞することができます。
打ち上げられる花火の数は、およそ1万8,000発で、花火大会の規模の大きさをうかがい知ることができます。
来場者数は40万人を超えることもあるため、全ての観客が心地よく花火を楽しめるようにと会場が分けられていることも、この花火大会の特徴といえます。
発揚が行われる会場は、京町会場と篠山会場で、打ち上げられる花火を鑑賞するために用意された会場は小森野会場、鳥栖会場、みやき会場、長門石会場です。

また、筑後川花火大会が開催される当日、会場付近にはおよそ400店以上もの出店が並びます。花火を鑑賞しながら、地元・福岡ならではのB級グルメを楽しむことができます。

関連記事:九州でも長い歴史を誇るイベント!福岡の筑後川花火大会

海峡を舞台に打ちあがる花火は圧巻!関門海峡花火大会

kanmonkaikyo_hanabi2.jpg

福岡の花火大会の中でも高い知名度を誇るのが「関門海峡花火大会」です。

関門海峡花火大会の最大の特徴は、県をまたいだ2つの地区が協力してイベントを開催しているという点です。

山口県下関市と福岡県北九州市門司区が共同して開催するこの花火大会は、昭和63年、みなと鉄道100年記念事業協賛花火大会という位置づけで双方の地区が合同で花火大会を行ったことが始まりといわれています。

関門海峡花火大会では、大玉連発や一尺五寸玉の打ち上げ花火、音楽に合わせて花火が打ちあがる音楽花火など、バラエティに富んだ花火の数々が海峡の夜空を彩ります。
鑑賞スポットは、それぞれ下関側と門司川で異なります。

関門海峡花火大会では、迫力満点の花火を間近で見ることができる有料席が用意されている会場が多くあります。門司川に設けられた会場には、協賛席として有料スペースが設けられています。

一方、下関側の鑑賞スポットの1つであるアルカポート会場有料チャリティエリアが設けられており、椅子席で花火を鑑賞することができます。

海峡を挟んで花火が打ち上げられるため、双方の会場から見る花火の見え方にほとんど違いはありません。

当日はアクセスが楽な方の会場に足を運ぶと良いでしょう。

関連記事:2つの地区がタッグを組んだ!福岡の関門海峡花火大会の魅力とは

楽しみ方いろいろ!福岡のわっしょい百万夏まつり

wassyoi-hyakuman1.jpg

わっしょい百万夏まつりは、福岡県北九州市で毎年8月の第1週目頃に行われるイベントです。

福岡県北九州の文化を楽しむことができる、市民参加型のお祭りです。毎年県内外から150万人以上の観客が集まり、大変な賑わいを見せます。

2日間にわたって開催されるこのお祭りでは、「燃えろ北九州」や「いいっちゃええっちゃ北九州」などの音楽に合わせて踊るパレードや、高知のよさこい踊りをアレンジして踊る「YOSAKOI」などのイベントの他にも、華やかなステージイベントや出店、花火大会など、さまざまな楽しみ方ができることも特徴です。

子供が主役に輝く「こども夢ステージ」や踊りのインパクトを競う「わっしょいパレード」、ご当地グルメを心行くまで堪能することができる「グルメブース」など、五感を刺激する楽しいイベントがたくさんあります。

わっしょい百万夏まつりのフィナーレを飾るのは、「花火大会」です。
約4,000発の花火が北九州市の夜空を彩り、観客の目を楽しませます。フィナーレの花火大会では、会場周辺の明かりがすべて消灯されるライトダウンセレモニーが行われることも特徴です。

美しい花火がゆっくりと鑑賞しやすいように、会場には有料席も設けられています。

関連記事:楽しみは花火大会だけじゃない!福岡のわっしょい百万夏まつりの魅力

福岡の中心街で花火大会を楽しむ!大濠花火大会

ohori_hanbi2.jpg

西日本大濠花火大会は、福岡市にある大濠公園で行われる花火大会のことです。

西日本新聞社、おおほりまつり振興会が主催となって開催されるこのイベントは、福岡の中心街で行われることもあり、毎年多くの観客が訪れることも特徴です。

西日本大濠祭りの見どころは、迫力ある花火を360度、どこから見ても楽しめることです。これは、大濠公園の池の中にある3つの島を利用して、花火が打ち上げられるためです。打ちあがる花火は約6,000発と、使用される花火の数が多いだけではなく、九州で名のある花火職人たちが織り成す作品は、一つひとつが華やかで美しく、観客を楽しませてくれます。

西日本大濠花火大会の当日は、公園周辺に400以上もの屋台が出店します。
福岡ならではのグルメを楽しめるなど、さまざまな楽しみ方ができることも魅力の1つです。

美しい花火をより多くの観客が鑑賞しやすいようにと、当日は平和台陸上競技場も開場されます。芝生の上でゆったりと花火を鑑賞することができる平和台陸上競技場には、有料席も設けられ、花火を鑑賞しやすい環境が整っています。

関連記事:福岡の中心街に咲き誇る花火!西日本大濠花火大会

大混雑の花火大会!困った体験はありませんか?

大規模な花火大会に参加すると、訪れる観客も多いことから開場は大変な混雑が予想されます。そんなときは、何かとトラブルも起こりやすいです。

では、実際に花火大会に参加し、困った経験をした方はいるのでしょうか。
アンケートを取ってみました。

人が多いと何かとトラブルが起こりがち...!

・人混みにもまれて落ち着いて花火を見ることができなかったこと。人の流れがあったため止まることもできず、花火が見えづらい位置にまで行かないとゆっくりすることができなかった。(20代/男性)
・食べ物を持った人に激突された。頭からかき氷を被り、服はフランクフルトのケチャップとマスタードでベトベト。相手は謝りもせず去って行きました。(40代/女性)
・トイレに長蛇の列ができていて大変でした。もちろんトイレットペーパーはなくなっていました。(30代/女性)
・人が多くて彼女とはぐれてしまったことです。(50代/男性)
・帰りの最寄り駅が大混雑でなかなか電車に乗れない(40代/女性)

【質問】
大混雑の中の花火大会、困った体験をしたことがあれば具体的に教えてください。

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日
有効回答数:150サンプル

人が多いと、一緒に祭りに行った人とはぐれてしまったり、楽しみにしていた花火を落ち着いて鑑賞できなかったりと、何かとトラブルは起こってしまいがちです。

これらのトラブルを回避するためには、事前に備えて行動しておくことが大切といえます。

混雑必須!花火大会でのトラブルを回避するためには

大規模な花火大会であればあるほど、観客は集まりやすく、会場は混雑しやすいです。
しかし、人が多すぎると、花火が始まったときにゆっくり鑑賞できなかったり、なかなかトイレにたどり着くことができなかったりと、トラブルに遭遇しやすくなります。
まずゆったり落ち着いた環境で花火を鑑賞したいと考える場合は、早めに会場に到着し、場所取りをしておくことがポイントです。
しかし、日付をまたいでの場所取りが禁止されている花火大会も少なくないため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。不安な場合は、主催側が用意した有料席を利用することも1つの方法です。

また、花火大会の開始時間が迫ってくるとトイレは大変混雑します。トイレの場所はあらかじめ確認しておき、早めに済ませておくようにしましょう。

各花火大会の会場にアクセスする際には、交通規制の情報について調べておくことも大切です。
観客の人数が多い花火大会では、一般道路を交通規制する会場も多く、車でのアクセスが困難になる場合もあります。会場へのアクセスは、公共交通機関を利用するほうが無難と言えます。

夏本番!福岡の花火大会を楽しみ尽くそう

祭り好きな県として知られる福岡県の花火大会は、規模が大きいものが多く、祭りらしい賑やかな雰囲気を楽しむことができます。

福岡だけでしか楽しめない屋台のB級グルメを味わいながら、豪華絢爛な花火を楽しみましょう。

福岡に旅行をする際には、ツアー旅行を利用することもおすすめです。自分にあったプランを選択することで、お得に旅行を楽しみやすくなると言えます。

「福岡」に関する記事

エリアから探す
福岡(18)
長崎(8)
大分(9)
                 
  • 九重(6)
  •              
  • 中津(6)
  •              
熊本(8)
                 
  • 天草(2)
  •              
  • 阿蘇(3)
  •              
宮崎(7)
鹿児島(10)
鹿児島離島(12)
佐賀(2)
ジャンルから探す
九州の観光地(33)
九州の温泉(17)
誰と行くか(22)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop