ツアー旅行中に雨が!それでも楽しく遊べるのがハウステンボス!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハウステンボス」の観光情報記事

_MG_7941_450-337.jpg

せっかくの旅行中なのに雨が降ってしまった...という経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか?荷物も増えるし、服や靴が濡れてしまう。そんな心配から、雨の日の旅行は憂鬱な気分になりがちです。

しかし屋内のアトラクションの多いハウステンボスなら、雨の日でも安心して遊ぶことが可能です。もしツアー旅行中に雨が降ってしまったとしても、夜のイルミネーションまできっちり楽しんで帰ることができます。

旅行で雨に降られると何が一番イヤですか?

rainy450-337.jpg

ツアー旅行中の雨を嫌がる人は多いはず。しかし、そもそもなぜ雨の日の旅行は憂鬱なのでしょう。

その原因を探るべく、20代~50代の男女500人にアンケートを実施してみました。

003_2_6_U3.png

【質問】

旅行で雨に降られると何が一番イヤですか?

【回答結果】

服や靴が濡れる:120名

景観が損なわれる:72名

傘を持ち歩かなければならない:221名

予定が変更になる:87名

・調査地域:全国

・調査対象:20~40代・男女

・調査期間:2016年12月27日~2017年1月4日

・有効回答数:500サンプル

傘を持つのが憂鬱な人、雨に濡れるのが嫌な人...雨の旅行は大変!

・旅行中に傘をさしながら移動すると景色も見にくいし、スマホやカメラで写真を撮りにくいからです。(40代男性/自営業(個人事業主))

・旅行時の雨降りは予定が変更するのでいやです。(20代男性/会社員)

・旅行で雨に降られることで、一生に一度の思い出と景観が損なわれるのがイヤです。(30代男性/会社員)

・旅行中に服やカバンが濡れるのはとてもいやです。(40代女性/パート・アルバイト)

最多となった「傘を持ち歩くのが嫌だ!」という意見のほか、さまざまな声が聞かれました。確かに雨の旅行は、移動が大変だったり、景色があまり楽しめなかったりと、さまざまなデメリットがつきものです。しかしそんな憂鬱な雨のツアー旅行も、ハウステンボスなら大丈夫。雨の日でも楽しく遊べるのがハウステンボスの魅力なのです。

雨が降ったらラッキー!?お得な雨の日サービス

雨の日のテーマパークというと、なんだかあまり楽しくなさそうなイメージがあるかもしれません。しかしハウステンボスなら屋内でも十分遊べる上、雨が降るのがかえって楽しみになる素敵な企画まで用意されていることがあります。

それが「ハッピーレイン」です。「ハッピーレイン」は、ハウステンボスをお得に楽しめる雨の日限定のサービスです。たとえば通常1500円で売られているハウステンボスオリジナルポンチョが園内ホテルの宿泊者に無料で配布されるほか、宿泊客以外の来場者も100円という超お得価格で購入できます。

また小学生以下の子供には雨だけに飴のプレゼントも。過去には、「ハッピーレイン1DAYパスポート」といって、食事券付きパスポートが割引価格で売られたこともありました。

限定グッズが入手できたり、特別なイベントが行われたり。雨の日だからこそ楽しい、そんな素敵なしかけのあるテーマパークがハウステンボスなのです。

屋内でもイルミネーションが見られる!

L-0778_450-377.jpg

ハウステンボスといえば、イルミネーションが有名です。イルミネーションというと屋外で見ることが多いのですが、ハウステンボスは違います。屋外だけでなく、天気を気にせずに屋内でも美しいイルミネーションが見られるのです。

たとえば、アトラクションタウンにあるアンブレラストリート。色とりどりの傘に覆われた可愛らしいアーケード街ですが、夜になると雰囲気が一変。音楽に合わせて光が頭上から降り注ぐ「光のアンブレラストリート」が始まります。

雨の日というとイルミネーション鑑賞には不向きなイメージがあります。ここでは、もともと傘に覆われているアンブレラストリートなので雨によって街の景観が損なわれる心配はありません。また屋内での鑑賞というスタイルは雨に濡れる心配も不要です。

他のイルミネーションスポットとは違って、天候に左右されることなく、いつでも美しいイルミネーションを堪能することができるはずです。

傘無しで楽しめるプロジェクションマッピングも

_W6A5031_s450-337.jpg

ハウステンボスではイルミネーションだけでなく、最先端の映像技術である3Dプロジェクションマッピングにも力を入れています。建物の壁を利用して映像を映し出すプロジェクションマッピングは、イルミネーションと同じく屋外開催が基本です。

ハウステンボスのプロジェクションマッピングショーは雨天時も行われているため、雨の日でも鑑賞可能です。ただ会場が屋外なので、原則的に傘を差しながら見学することになります。しかしなかには、3Dプロジェクションマッピング「太鼓の達人」のように屋根付きの会場で開催されているものもあります。

さらに建物と会場の位置関係によっては建物の中からプロジェクションマッピングショーを鑑賞できる場合もあります。工夫次第では、傘なしでもプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

屋内アトラクションも豊富で雨の日も安心

dinosaur_woods02_450-337.jpg

ハウステンボスは天候に関係なく遊べる屋内アトラクションも豊富です。例えばスリラーシティのアトラクションはそのほとんどが室内型です。また、「健康と美の王国」や「ショコラ伯爵の館」など体験型のアトラクションも室内型です。「ロボットの館」や「みんなの恐竜」など子供向きのアトラクションの中にも雨天OKのものがあります。おとな旅であれば、美術館や博物館をまわるのもおすすめです。

世界のテディベアを集めた「テディベアキングダム」や、オランダ宮殿を忠実に再現した「ハウステンボス美術館」など本格的な施設が揃っています。これらのミュージアム系のアトラクションは晴れていると後回しになりがちなので、雨の日こそ行くべきといえます。

ハウステンボスはパークバスやタクシーなどの移動手段も揃っています。これらを利用することで雨の日でも快適に園内を移動できるはずです。

雨でも楽しめるハウステンボス

Glimpse450-337.jpg

ツアー中の雨は、楽しい旅行の妨げになりがちなものです。しかし屋内型のアトラクションの多いハウステンボスなら気候に関係なく楽しめます。

ハウステンボスの名物である夜のイルミネーションやプロジェクションマッピングも、雨に濡れることなく鑑賞が可能です。雨の日限定でお得なキャンペーンが開催されていることがあるのも楽しみのひとつになります。天気の心配をせず、安心して遊ぶことができるのがハウステンボスの魅力です。

関連記事:美しいイルミネーションを堪能!ツアー旅行ならハウステンボスへ

「ハウステンボス」に関する記事

エリアから探す
福岡(18)
長崎(8)
大分(9)
                 
  • 九重(6)
  •              
  • 中津(6)
  •              
熊本(8)
                 
  • 天草(2)
  •              
  • 阿蘇(3)
  •              
宮崎(7)
鹿児島(10)
鹿児島離島(12)
佐賀(2)
ジャンルから探す
九州の観光地(33)
九州の温泉(17)
誰と行くか(22)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop