黒川温泉(熊本)旅行でおすすめの温泉紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

「黒川温泉」の観光情報記事

九州の温泉といえば湯布院(ゆふいん)という人も多いですが、落ち着いた雰囲気で九州人や地元の人からも愛される黒川温泉はリピーターも多いです。

温泉手形により宿泊していてもしなくても黒川温泉街の宿で3つの温泉を楽しむことができるのが人気の秘密で、ここではおすすめの温泉宿を紹介します。

黒川温泉(熊本)旅行でおすすめの温泉1:山みず木

yamamizuki.jpg

山あいの里黒川温泉の中心街から少し離れた場所にある『山みず木』は、山、水、木が自然のあるべき姿そのまま堪能できるようにその立地にあります。

露天風呂は、田の原川と接するほどに近く、広さも黒川温泉の中で最大級です。鳥の声を聴きながら大自然の真っただ中で全身をのばせば何も憂いのない黒川の一日を過ごせます。

男性専用の露天風呂、幽谷の湯に内風呂のますら男、女性専用の露天風呂森の湯に内風呂、人の湯があります。

部屋は6つの基本タイプがあり、全室トイレ付ですが、部屋数やお風呂付などの違いにより選択可能です。

山みず木に併設されたカフェでは1日20個限定の小国ジャージ牛乳と地鶏の卵を使ったプリンやプリンの上にソフトクリームがのったプリンソフトがあり、観光客に人気です。

最寄りのバス停まで迎えにきてくれるので、初めての旅行でも安心できます。

山みず木のアクセス・料金について

■山みず木の基本情報
所在地:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6392-2
TEL:0967-44-0336
営業時間:平日PM9:00~AM11:00 土日祝日PM2:00~PM8:00(受付)
アクセス:日田インターより車で1時間

関連サイト:山みず木の公式サイト

黒川温泉(熊本)旅行でおすすめの温泉2:奥の湯旅館

okunoyu.jpg

黒川温泉に流れる田の原川(たのはるがわ)上流に静かにたたずむ『奥の湯旅館』はそれを取り囲むように山々があり、季節に応じて見える景色が変化します。

本館と、新館、離れと広大な2000坪の土地からなる奥の湯は敷地内を歩くだけでも風情があります。特に紅葉のシーズンなどは観光客にも人気です。

散策に疲れたら本を読んだりできる休憩何処もありますし、新館には岩盤浴や温泉熱の室内プールなども用意されているので、1日だけでは満喫できないと連泊の旅行者にも人気があります。

また、蒸し何処は黒川温泉の中で奥の湯にしかなく、蒸し卵目当てに立ち寄り湯をする観光客もいるほどです。

ほかにも、リンパマッサージやオイルマッサージをしてもらえるリラクゼーションスペースもあります。

女将手作りの梅干しが人気でお土産として持ち帰ることもでき、食前酒の梅酒も手作りでとてもおいしいと評判です。

奥の湯旅館のアクセス・料金について

■奥の湯旅館の基本情報
所在地:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6567
TEL:0967-44-0021
営業時間:PM2:00~PM10:00
アクセス:日田インターより車で約1時間30分

関連サイト:奥の湯旅館公式サイト

黒川温泉(熊本)旅行でおすすめの温泉紹介3:旅館山河

ryokan_yamakawa.jpg

黒川温泉街の西の外れに広大な落葉樹林に囲まれてひっそりとたたずむ宿、『旅館山河』は露天風呂付離れで、ウッドデッキのイスに座りながら気の向くまま入浴して極上の夜が過ごせると、黒川を何度も訪れたことのある旅行者からも人気です。

混浴風呂のもやい湯でリラックスしたり、貸切露天風呂の六尺桶風呂に入ることも可能です。

六尺桶風呂はその名の通り直径180cmほどの大きな樽の湯船で源泉があふれかえっています。

切石、ヒノキ風呂もしっとりとした和風情緒にひたることができます。離れはバリアフリーとなっており祖父母とともに観光を楽しみたい方でも安心です。

満点の星をあおぎながら四季折々の美しい風景とともにお風呂を楽しむことができます。

「肥後ロース」や「馬刺し」など地元の食材をふんだんにつかったメニューはリピーターにもとても人気があります。

旅館山河のアクセス・料金について

■旅館山河の基本情報
所在地:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
TEL:0967-44-0906
受付時間:AM8:00~PM10:00
アクセス:日田インターより車で1時間

関連サイト:旅館山河の公式サイトはこちら

黒川温泉(熊本)旅行でおすすめの温泉4:のし湯

noshiyu.jpg

『のし湯』は黒川温泉の中でも中心部に近いところに位置しています。

手形をつかって立ち寄り湯で温泉めぐりしたい場合でも便利です。

広大な敷地を持つのし湯ですが、客室はわずか11室となっており、貸切家族風呂もありますが大浴場や露天風呂もあまり人にでくわすことなくゆっくりと入ることができると観光客にも人気です。

館内にはセルフサービスでコーヒーが飲める談話室があり、お風呂を楽しんだあとに、ゆっくりとくつろげるスペースが用意されています。

全体的に古民家の雰囲気が漂っているので談話室も古民家カフェのような落ち着いた雰囲気です。

食事はオープンキッチンで作られる和食の創作懐石料理となっており、一品ずつできたてを味わえるので旅行者からも高い評価を受けています。

部屋は半露天付の部屋が人気で、高い天井で圧迫感のない部屋でゆっくりとくつろぐことができます。

のし湯のアクセス・料金について

■のし湯の基本情報
所在地:869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6591-1
TEL:0967-44-0308
アクセス:日田インターより車で約1時間20分

関連サイト:のし湯の公式サイト

・関連記事

◆ツアー旅行で行きたい!九州でおすすめの温泉ランキング!◆

◆黒川温泉(熊本)の特徴◆

◆散策もできる!黒川温泉(熊本)旅行を存分に楽しむ方法◆

九州の温泉旅行を楽しめるツアーをお探しの方はこちら

「黒川温泉」に関する記事

エリアから探す
福岡(18)
長崎(8)
大分(9)
                 
  • 九重(6)
  •              
  • 中津(6)
  •              
熊本(8)
                 
  • 天草(2)
  •              
  • 阿蘇(3)
  •              
宮崎(7)
鹿児島(10)
鹿児島離島(12)
佐賀(2)
ジャンルから探す
九州の観光地(33)
九州の温泉(17)
誰と行くか(22)
プラン(18)
人気の記事ランキング

pagetop